えっぐおんらいす

あなたの人生にプラスになるかもしれない、ハッピーセット系ブログ

映画『デトロイト』感想/目を背けたくなるくらいきつい内容だった

かみけんです。

 

最近映画のレビューについての記事が多めですが、今日も映画について紹介していきます。

 

ただ今回はいつものような軽いノリの映画紹介でなく、比較的に真面目に記事を書いていこうと思います。

 

それくらい、深く考えさせられる映画に出会ってしまったので。

 

その映画がこちら。

f:id:hanakusonamuuun:20180128211557j:image

 『デトロイト』でございます。

 

 

あらすじ

それは陸上用のピストルによる1つの"いたずら"から始まった_。

 

舞台は黒人差別による暴動により、アメリカで1番危険な街となった、1967年のデトロイト。

 

ある日、暴動がすぐそばで起きているあるモーテルで事件は起きた。

 

モーテルの別館で数人の黒人男性、2人の白人女性がいた。その黒人男性の1人が、近くに暴動警備のために待機していた州兵に、おもちゃのピストルを向けて発砲したのである。

 

軽いイタズラだったが、それが歴史上で語り継がれる「デトロイト暴動事件」へと発展してしまった。

 

ピストルで遊んでいたモーテルの黒人男性が笑っていたその反対に、州兵や警備員、警察が狙撃手による攻撃と、慌ただしく対処に向かっていた。

 

そして、差別主義者の白人警察3人もモーテルへ向かい、黒人男性そして白人女性はとんでもない事態が起きていることに気づく。

 

イタズラを起こした黒人男性は逃亡を図る。しかし、白人警察の1人が黒人男性をショットガンで射殺。

 

この瞬間、小さなイタズラを発端に黒人男性たちを恐怖に陥れる残虐な事件が始まるのである…。

 

 

感想

この映画は、1967年に起きた「デトロイト暴動」について、関係者の証言をもとに制作されたノンフィクション映画です。

 

この事件が起きた時代のデトロイトは、黒人への差別、それによる黒人たちの暴動により、アメリカで最も治安の悪い都市でした。

 

事件の内容は、モーテルに宿泊していた黒人男性に対して、白人のデトロイト警察官3人が、非人道的な取り調べを行なったこと。

 

そしてその果てに、罪のない黒人男性3人を撃ち殺したことが1番な問題となり、裁判沙汰になりました。

 

しかし、結局白人男性3人は無罪。そこには未だに残る黒人差別の闇が存在しており、まさに社会派映画として、完成されていた作品であったことは間違いないです。

 

作品を通して、黒人差別白人至上主義について深く考えさせられます。

 

たった1つのイタズラで、歴史に残る大事件が生まれたわけですが、それくらい当時のデトロイトは緊張感と恐怖でいつ何が起きてもおかしくない状態だったことが、映画の序盤でわかります。

 

また、なぜデトロイト警官3人は、人殺しをしたにもかかわらず無罪になったのか。そこには白人たちによる黒人への差別と、白人至上主義の闇があったことが考えられます。

 

私個人の意見にはなりますが、黒人たちが暴動を起こすことに対しては、特に不思議には思いませんでした。

 

黒人たちは迫害を受け、国や住処を追われ、アメリカにやってきたという過去があります。

 

しかし、アメリカに来ても、白人たちによる差別は無くならない。そのため彼らは権利を主張するために暴動を起こしたのです。彼らにも人権は当然ありますから。

 

それでも、やはり黒人の差別は無くならない。それは事件による判決が教えてくれます。

 

黒人たちに暴動による権利主張。それを妨げるのが、白人至上主義です。

 

事件が起きた時、それはまさに白人達の自分たちこそが優れているという思想が最も強かった時代でした。

 

彼らは白人警官による事件を差別の集約であるとしながらも、結局は無罪として世に放ちました。

 

これは結局のところ、

 

「相手が黒人であったから」

 

という黒人差別の闇が深かったことが原因ではないかと考えられます。

 

黒人の暴動は、白人による厳しい差別によるもので、彼らの主張に応えなければならないのは普通のことであると思います。

 

しかし、白人はそれを受け入れなかった。逆により差別と白人至上主義を助長させてしまったのではないでしょうか。

 

おすすめポイント

ここからは映画を見る上でのおすすめポイントについて紹介していきます。3つほど。

 

①社会問題について深く学べます

感想でも述べたように、とにかく人種差別へ重点的にフォーカスした作品です。

 

そのため、学校による歴史の授業よりも圧倒的に高い質の学びを受けられることが最大のメリットであると考えられます。

 

おこがましくも僕から1つだけアドバイスさせていただくと、この映画を見る前に、白人至上主義と黒人差別について、少しでも知識をつけておいた方がいいかもしれません。

 

歴史について少しでも知っていれば、デトロイト暴動がどれだけ闇の深い事件だったがよりわかると考えられます。

 

②圧倒的な臨場感を味わえる

『アメリカン・スナイパー』や『ダンケルク』など、近年はまるで映画の世界に入り込んでいるかのような臨場感を味わえるノンフィクション作品が増えています。

↓ダンケルクについて

 http://kamikeninfo.hatenadiary.jp/entry/Dunkirkki

 

 

このデトロイトもそのカテゴリーに属する作品と言っていいでしょう。

 

白人警官による恐怖の取り調べシーンがこの映画の一番の見どころですが、そのシーンでの臨場感は、手汗が止まらなくなることは間違いないです。

 

③役者の演技力が高い!

この作品では、『スターウォーズ』のファン役で知られるジョン・ボイエガや、『メイズ・ランナー』のウィル・ポールターなど、演技力に定評のある俳優が出演しています。

f:id:hanakusonamuuun:20180128221817j:image

※ジョン・ボイエガ。暴動に対処する警備員を演じる

 

彼らの高い演技力が、より映画を緊張感に包み込み、恐怖を体験させてくれるスパイスになっております。

f:id:hanakusonamuuun:20180128221910j:image

※ウィル・ポールター。黒人に非人道的な取り調べを行うデトロイト警官を演じる。

 

ちなみに、監督は『ハート・ロッカー』で社会派映画監督として高い地位を獲得した、キャスリン・ビグロー。

 

女性としても注目がされている彼女の手腕は、この『デトロイト』でも存分に発揮させられいます。

 

 

まとめ

この映画は、2018年度アカデミー賞の最有力候補と言われている通り、今最も注目を集めている映画の1つであると言えます。

 

最後に、この映画を見たいと考えている方に注意点を紹介して起きます。

 

  • 極端に物事を考えるタイプの人
  • エンタメ性を求める人

 

この2つが当てはまる人は、映画を見る前に是非気をつけてほしいです。

 

この映画は、差別について客観的に捉えていることが評価されているようですが、それでも事件の真相と結果を知れば、考えが傾いてしまう恐れがあるからです。

 

また、臨場感が売りであるとも紹介していますが、この映画は終始重苦しいシーンで占め尽くされています。

 

なので、「めちゃくちゃアクションが見たい」

とか考えていると足元をすくわれます。エンタメ性はほぼ皆無と思っていただきたい。

 

ちなみに、残念なことに僕はこの2つとも当てはまる人間でした。なので、映画を見終わった今日まで、結構引きずってしまいました。

 

しかし、映画自体は間違いなく面白く、傑作であることは断言できます。

 

おこがましい僕のアドバイスを、ほんの少しでもいいので頭の片隅に入れていただいた状態で、鑑賞していだけると嬉しいです。

 

 

それでは今日はここまで!さようなら

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村