えっぐおんらいす

映画ネタが中心のハッピーセット系ブログ

冬は洗濯物を室内で干すことをオススメする理由

 かみけんです。個人的な話ですが、昨日初めてパスポートの申請に行ってきました。海外に行くのが一応2月に予定していることもあり、今のうちに申請しておこうと。なんなら少し遅かったくらい。

 だがしかし、まだ飛行機もホテルも決まってません。なんなら訪問する国も確定してません。無計画バンザイ。いけるか心配になってきた笑。

 

 んで、パスポートを申請した場所は地元の振興局でした。そのあと京都に夕方ごろに到着して、すぐに取り組んだのが洗濯

f:id:hanakusonamuuun:20171202163213j:image

 溜まりに溜まっていた衣類たちを選択に豪快に入れ、流れるように洗剤を入れて回す。この動きも4年続けていれば「家事をできるようになった」感に浸れます。

 

 

 

 ここで質問なのですが、皆さん冬の洗濯物はどこに干していますか?

 お日さんが出てるから外に?それとも寒いから中に?色々あると思います。

僕は冬場は基本、洗濯物を中に干すようにしています。

f:id:hanakusonamuuun:20171202163340j:image

 なぜなら色々とメリットがあることに気づいたからです。今日は、冬に洗濯物を中に干すことをおすすめする理由を紹介していきます。

 

 

 

1.部屋がいい匂いになる

 自分が冬に洗濯物を部屋で干す理由のその一がこちらです。そう、いい匂いになります。部屋が。笑

 原因は間違いなく洗剤ですよね。あと柔軟剤。基本僕は換気の一環で、窓を少し開けるという時間を長くしています。そのため、外と中のにおいが混ざる時があり、それが時々臭いんですよね。なので、洗剤と柔軟剤の香りを部屋の芳香剤として利用するために、冬は部屋干しをするようにしています。

 

 

2.暖房ですぐ乾く

 これは人それぞれではありますが、冬はやはり暖房をつけると思われます。部屋に洗濯物を干すことで、暖房をつける理由が生まれます。乾かせるから

 暖房の風向きを上向きにすることで、洗濯物はより早く乾きます。パンツとインナーは秒で乾きます。パーカーは苦戦します。 

ただデメリットとしては、電気代が少しかさむという点が挙げられます。コタツとの二刀流をしている方は是非注意してください。

 

 

3.何時でも洗濯を回せる

 お日さんの上がっているときに干す場合は、洗濯物を回す時間や天気を気にしなければなりません。しかし、部屋干しは安心。基本的に部屋に干すだけなので、乾く時間も気にしません。何なら暖房をつけておけば、外に干す場合よりも早く乾くこともあります。

 これで、「洗濯物溜めてたから、コインランドリー行かなきゃ」なんてこともなくなります。ビバ暖房

 

 

4.終わりに

 ここまで冬の洗濯物は部屋干しすることをおすすめしてきました。どうですか?

割と普通にやってる人いるんじゃないですか?

 ここまで紹介してきたけれど、特に特別なことは言ってません。「乾くことない洗濯機の乾燥機能ですぐに乾かせる方法」なんてものがあればよかったんですがね。

 

 部屋干しは基本的に楽です。冬場は雪とか雨とかでわざわざ干したものを中に入れなきゃいけない時がありますしね。部屋に干して、あとは暖房だけ気にしておけば、乾かないってことはありません。これらの方法は、面倒くさがりな人にはうってつけだと思います。是非試してみてください。部屋もいい香りしますから

 

 それでは今日はここまで!さようなら(^ ^)