えっぐおんらいす

あなたの人生にプラスになるかもしれない、ハッピーセット系ブログ

電話に出るのが怖い。というか苦手です。

かみけんです。

 

最近、電話に出るのが怖いです。

 

保険会社や携帯会社、そしてなぜか知らないけど今更「就活してます?」と企業の募集電話がかかって来ます。

 

はっきり言って、めんどくさい…。

 

僕は基本的に電話に出るのが苦手です。

きっかけは忘れたけど、昔から苦手意識がガッチリと頭に張り付いちゃってます。

 

 

何故かけてくる?

正直よくわからないんですよね。保険会社に関しては、実際に顔を合わして「他の保険に入ったんですよね。アヒャヒャ」とお伝えしたにも関わらず、「検討してみてくれない?」と何故か電話アポを要求。

 

いやー、断ったつもりなんだけどなぁ。

察するという考えはないのかぁ?

 

なんて思っていながら、生まれながらにして押しに弱い自分、結局電話番号を交換。

 

そのあと一回だけでて断りました。それでも別の会社から電話が。。頭いてぇ。。

 

個人的に、確実に関心を持ってくれる人にお電話してほしいです。僕は嫌だと顔に出やすいので、関心がないことなんてわかると思うんですけど。

 

 

 自分も自分で、電話をもらわない。てか電話をかけられる状況をほったらかしいにしないなど、何か手を打たなければいけないんでしょうけどねぇ。

 

 

電話が苦手な人多いよね?

今は、ラインとかツイッター、あとインスタが登場したおかげで、普段から電話に出る機会が確実に減っていますよね。

 

特に90年代後半〜生まれは電話あんまりしないんじゃないですか?根拠はないけど笑

 

メッセージアプリみたいなのが現れて、確実に人とやり取りをしやすくなった反面。実際に声を交わしてコミニュケーションをすることに抵抗感が出てきている。それが21世紀。

 

実際に顔を合わせて話すことも時には緊張する、また苦手だなって感じる人もいると思う。

 

電話は今や、対面形式のコミュニケーション並みに神経をとがらせるものになってしまった。

と僕は思うわけですわ。

 

 

仕事すれば慣れるのか?

と、電話に恐怖感を抱いている自分にもこの先いきなり難関が来るんですよ。

 

仕事での電話対応。

 

これは避けられねぇ〜。毎日のように着信音と鉢合わせなきゃいけないんだろうなぁ。

でも、これはもしかしたら電話苦手を克服できるチャンスかもしれない。とも思ってます

 

人っていうのは慣れる生き物。苦手だと言いつつも、やっていくうちにその気持ちも薄れて、何だかんだできるようになる。

これは皆さん経験済みですよね。

 

慣れっていうのは苦手を克服するきっかけになるのではないか

 

あ、なんかこれ研究テーマみたいで面白そうですね。実証してみようかな。笑

 

 

とまぁ、電話に出ることにビビってたら深いのか深くないのかわからない話になってきました。

 

別にそんな深くこの問題については考えてません。ただただ、変な電話は怖いです。それだけ。

 

 

それでは今日はここまで!さようなら(^^)