えっぐおんらいす

あなたの人生にプラスになるかもしれない、ハッピーセット系ブログ

アベンジャーズで欠かせないヒーロー、実はホークアイ説

かみけんです。今日は衝動的に、

 

「アベンジャーズが見たい」

 

と思い、雪の降る極寒の中、レンタル屋さんに駆け込み『アベンジャーズ  エイジ・オブ・ウルトロン』をレンタルしてきました。

↓エイジオブウルトロンに関して

https://g.co/kgs/QQNVhY

 

昼前に時間が空いてたので、鑑賞。

 

今まで2回ほど見ていましたが、正直映画の内容はそこまで特別に面白いと思ったことはありません。

 

ただ、かっこいいからか知らないけど、なぜか定期的にこのようなアクション超大作が見たくなる日が来るんです。『トランスフォーマー』シリーズも同じような理由でみますね。

 

 

アベンジャーズで1番欠かせないキャラって誰?

実はアベンジャーズを鑑賞する前から、気になっていたことがありました。それは

 

「アベンジャーズで1番欠かせないやつって誰や?」

 

ということです。

アベンジャーズは今や、知らない人はほとんどいない(名前ぐらいは知ってるゾォ)ほどの人気シリーズに上り詰めた映画です。

 

そして、キャプテン・アメリカやアイアンマン、ハルクなど大人気ヒーローとして確立している主要メンバーに加え、最近は、あのスパイダーマンがメンバーとして加わるなど、最強のヒーローチームとして認知されています。

 

そんな超豪華で、正直1人だけでも世界救えそうやなって思うくらいのヒーローたちが集まるアベンジャーズですが、それぞれ役割や性格なども全然違います。

 

そのため、チーム設立当初はあまり仲が良くなく、まとまるまで結構時間がかかっていたというのが印象的です。

 

では、そんなバラバラなチームをうまくまとめ上げるまでに頑張った人。その人こそがアベンジャーズに欠かせない人物なのではないかと、勝手に結論付けた僕。

 

誰が最もチームを支えたのか、勝手に答えを出しちゃいました。

 

 

「ホークアイ」はアベンジャーズの縁の下の力持ち

 映画を鑑賞してきて、私が個人的に「こいついないと、アベンジャーズきつかっただろうな」と考えたヒーローがこちら。

f:id:hanakusonamuuun:20180122180228j:image

 

弓矢の使い手「ホークアイ」です。

 

ホークアイこと、クリント・バートンは特別なパワーや特集能力を持っていません。なので、アイアンマンやマイティソーに比べると、かなり地味な印象。

 

「本当にこいつ、アベンジャーズに必要か?」

 

なんて思われることもあったそうです。

 

地味といえば、正直キャプテンアメリカも突出した能力が特にあるわけではないので似てるかもしれません。

 

ただ彼には圧倒的な正義感と人望、そして勇気が備わっており、アベンジャーズのリーダーとして存在感を抜群に示していることは確かです。

f:id:hanakusonamuuun:20180122180301j:image

*キャップ。とにかく愛国心の塊。 

 

じゃあ、ホークアイの何がすごいのか。独自に考察したことを紹介していきます。

 

①常に冷静で、落ち着いている

アベンジャーズに属しているヒーローは、みんな特殊な能力を持ってます。空を飛んだり、雷を操ったり、巨大なモンスターに変身したりと。

 

でも彼らは能力がある分、性格に少し難があります。特にアイアンマンこと、トニー・スタークはヒステリー体質なこともあり、色々問題を起こしてしまいます。(ウルトロンでも、災いのもとに)

 

一方のホークアイは、特殊能力はありませんが、ベテランとしての圧倒的な経験と知識があります。

 

なので、基本めちゃくちゃ冷静です。

 

冷静であることで、彼はとにかく視野が広い。

味方がピンチであることをすぐに察知することができ、彼らを何度も救うシーンを目にすることができます。

 

 

②圧倒的な父性

また、ホークアイは家族を持っており、子供もいます。そのため人を大切にすることをとにかく心がけているような印象を受けます。

 

『エイジ・オブ・ウルトロン』では、新たにスカーレットウィッチとクイックシルバーという2人組がチームに参加しました。

※クイックシルバーは「エイジ・オブ・ウルトロン』で殉職。

 

彼らは自分の力に不安を感じており、ウルトロンとの戦いでも、最初は戸惑い、足を前に進めることが出来ずにいました。

 

その時、彼らを励ましたのがホークアイ。

2人はまだ若く子供に近い存在でした。ホークアイにも自身の子供がいます。

 

f:id:hanakusonamuuun:20180122180654j:image

※いいお父さんです。

 

そのため、彼らに対する対応もうまく、強い決心を抱かせる言葉を彼らに与えます。

 

「この扉を開けれは、君もアベンジャーズだ」

 

と、力強いけどどこか優しい言葉で、スカーレットウィッチはヒーローとなります。

 

このシーンを見たときは、

 

「ホークアイカッコよすぎわロタ」

 

と思わず感動しちゃいました。

 

このように、圧倒的な父性を持っていることから、ホークアイはアベンジャーズのお父さん的存在と言ってもいいでしょう。

 

 

結論

キャプテンアメリカという、素晴らしいリーダーを持ってしても、簡単にまとまることが出来なかったアベンジャーズ。

 

ただその裏で、決して特殊な能力を持っていないが、裏方としてチームを支え、アベンジャーズの崩壊をギリギリまで食い止めることが出来た人物。それが、ホークアイです。

 

 

アベンジャーズで欠かせないヒーロー、実はホークアイ説

 

これにて立証終了です。

 

ホークアイともう1人、ブラックウィドウも結構いい役割していたと思います。

 

でも、途中からハルクといい関係になったり、後のアベンジャーズ崩壊の危機を描いた『シビル・ウォー』という作品で、チーム解散の方向で進んじゃったこともあり、ホークアイほど貢献はしてないかなという結論に至りました。

 

そんなホークアイの活躍が見られるかもしれない『アベンジャーズ  インフィニティ・ウォー』が2018年4月に、日本で世界最速公開されることが決定しました。

 

まさにマーベルの集大成。この作品でも、「こいつ、アベンジャーズに必要だな」と考えながら、見てみると面白いかもしれませんね。

 

 

それでは今日はここまで!さようなら^_^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村