えっぐおんらいす

映画ネタが中心のハッピーセット系ブログ

インスタグラムはネタバレの宝庫だから映画好きは注意したほうがいい

 かみけんです。もうすぐ11月も終わりですね。先週の土曜日に最後の紅葉めぐりをしてきました。京都はお寺や神社がたーくさんあるので、比例して紅葉や桜も無数にあります。11月後半ということで、まだ咲いているのかなという不安もありましたが、普通に咲いてました。しかもかなり綺麗でした。最後の最後に行けてよかったぁ。天気も良かったし。

 

 そして、紅葉めぐりに行けば誰でも写真を撮ると思うのですが、皆さんは撮った写真はやはりSNSで投稿するのがお決まりになってきているのではないでしょうか。写真を投稿するSNSといえば、インスタグラムですね。

 f:id:hanakusonamuuun:20171127124046j:image

 

 実はこのインスタグラム、SNSとして非常に人気なことは間違いないのですが、映画好きにとっては危険なものでもあるのではないかと考えるようになりました。

 

 今回は、そんなインスタグラムを映画好きが利用する際に注意しなければならない点を紹介していきます。

 

 

1.インスタグラムとは

 インスタグラムは海外生まれのSNSサービスで、フェイスブックの傘下にある企業が運営しています。文章だけの投稿は無効で、投稿するコンテンツは写真またはイラストでなければならないというルールがあります。

 

 投稿する写真なども、インスタグラムのツールで加工することができるなど幅が広いのが特徴的です。現在も利用者は増加しており、企業や芸能人などの投稿も注目あびており、今もっとも成長している巨大SNSと言えるでしょう

 

 

2.映画好きはインスタグラムの「検索」に注意しよう

 インスタグラムには検索機能があり、自分の好きな芸能人や企業、または知り合いなどをハッシュタグスポットタグと呼ばれるものを用いて検索することが可能です。かなり便利はツールではあるのですが、なぜ映画好きは注意しなければならないのか

 

 検索欄にはユーザーの好みの写真が自動的に並ぶ

 映画好きの皆さんなら、インスタグラムでも好きな映画や芸能人について検索することがあると思います。インスタグラムのすごい点は、ユーザーの気になる写真や人などをタグなどから自動的に分析し、検索欄で探しやすくすることができるというです。ユーザーがフォローしたい人を探しやすくするための素晴らしい機能であることは間違いないです。

 

 ただその検索欄に並ぶ写真というのは、ユーザーが選んだものではありません。全てランダムです。この時に、映画好きが注意しなければならない点が存在します。

 

 そう、ネタバレです

 

 検索欄には自分が好きだと感じる写真がたくさん並ぶのですが、それらは写真の大抵は、映画のワンシーンやオープニングシーンについての写真や動画が多いです。その写真や動画は、時に映画の大切なシーンだったりすることもあります。

 つまり、インスタグラムの検索機能は、便利なのは間違いないですが、それと同時に壮大なネタバレにもなるという危険な要素もあるのです。

 

 僕もインスタグラムも利用してますが、そのネタバレの罠に引っかかってしまった1人です。普段から、検索機能を用いて好きな映画俳優や作品の投稿を検索しているので、検索欄ももちろん映画に関する写真などがズラリと並んでいます。

 僕が1番今みたい映画が、『ジャスティス・リーグ』というアメコミの映画なのですが、案の定検索欄にはその作品に関するコンテンツが並んでいました。

 海外の人かな?投稿していた動画を誤ってタップしてしまったのが最後。結構驚くようなシーンががっつり映っていました。予告編の時点からも分からなかったような内容が。

 

 これがただのテキストなら大丈夫だったでしょう。英語で書かれているため、完全に翻訳ができないので。しかし、写真や動画となると視覚的なものであるため、観ただけでなんとなく内容が想像ができてしまうのです

 

 このように、しっかりとネタバレされました。他にもメイキング映像や舞台裏の映像なども結構載せられていることが多くて、検索機能は映画好きにとってはかなり厄介なものだなぁと実感しました。

 

 

3.まとめ

 映画好きな人は、恐らく大抵の人はネタバレにもとても敏感だと思います。中には、予告編すらも観ないなんて方もいると聞きます。

 インスタグラムは、そんな映画好きにとっては自前に映画についてのイメージを抱かせてくれる最小限の情報源として重宝されるものかと思っていました。それがまさか最大限のネタバレ要素を目に焼きてけてしまう諸刃の刃なんて想像もしてませんでした。

 

 インスタグラムがSNSとして非常に素晴らしいものであることは間違いないでしょう。自分の友達やプライベートに関する写真や動画を載せることが簡単になったので、能力や知識を持った人が簡単に表舞台に立つことができる世の中にしてくれたという貢献度もあります。

 

 ただ映画好きとの相性が悪いという不安な点も見つかりました。ネタバレの被害にあった人が自分だけだということを願いたいです。

 

 ちなみに映画『ジャスティス・リーグ』は前と変わらず映画館で観る予定です。内容は結構知っちゃったけど、自分が元々アメコミの知識が少しばかりあることもあり、予想外すぎるなんてことにならなかったことが幸いです。

 

 それでも「あ、そんな感じなんだ!」という驚きはあったので、映画を観る前は頭をできるだけクリーンに、まっさらにして観ようと思います。

 

 それでは本日のおさらい。

映画好きはインスタグラムの検索機能を利用する際に、ネタバレが含まれる投稿がみられるケースもあるので注意しよう!

 

 それではまた明日!さようなら(^-^)