えっぐおんらいす

映画ネタが中心のハッピーセット系ブログ

ゴリ押しアクションと明るくなった世界観に注目!映画『ジャスティス・リーグ』感想とおすすめポイント

 かみけんです。2日連続で映画を観てきたので、今日も感想とおすすめポイントについて紹介して行きたいと思いまぁぁす(頭痛い)。

 

 本日ご紹介するのはこちら。

f:id:hanakusonamuuun:20171130174622j:image

 映画『ジャスティス・リーグ』でございます。

 

 一昨日は『マイティ・ソー バトルロイヤル』を観てきましたが、この作品もアメコミ原作のアクション超大作です。

→マイティソーの記事はこちら

 http://kamikeninfo.hatenadiary.jp/entry/thorishoku

 

 ジャスティス・リーグ』を観る前は、これが面白いのどうかとても心配してました。それは過去のシリーズ作があまりパッとしてなかったから。とりあえず『ジャスティス・リーグ』について紹介します。

 

1.ジャスティス・リーグって?

 『ジャスティス・リーグ』は、アメリカの人気コミック出版社のDCコミックスが原作のヒーロチームのことを言います。メンバーはスーパーマンバットマンなどの知らない人がいないスーパーヒーローたち。この映画『ジャスティス・リーグ』はDCの世界観を今後展開させるための重要な作品となっています

 要するに、マーベルの「アベンジャーズ」と同じ立位置にある映画と言えるでしょう。観る人によっては、DC vsマーベルという展開を今後予想する楽しみがあるのではないでしょうか。

 

2.まさかの作風変更

 さて、先程も言っていたように『ジャスティス・リーグ』が公開される前、僕はとっても心配をしておりました。その原因がDC特有のダークな世界観に不安があったからです。

 

 『ジャスティス・リーグ』が公開される前に、DCからは4作の関連作品が公開されていました。スーパーマンの活躍を描く『マンオブスティール』とその続編である『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』は、DCの世界展開におけるはじまりのシリーズと言ってもいいでしょう。

 この2作、実は受けがとっても悪かったんです。とてもダークな仕上がりになってたから

 スーパーマンと言えば、超人パワーを使って人々を笑顔で救う明るいヒーローのイメージがあります。ですが、今シリーズのスーパーマンは全く明るくない。暗い。作風も暗い。ヒィ!

 

 と言った感じで、かなり評判が悪かったのです。その後公開された同じく関連作の『ワンダーウーマン』が成功したから何とかなりましたが、今回の『ジャスティスリーグ』もどうなるのか。。とっても心配していました…

 

が!

 

 蓋を開けて観ると、

めちゃくちゃ明るい!

 まぁ言い過ぎかもしれませんが、今までのシリーズ作に比べたらかなり明快になっている。ギャグ要素もある!ボケてる!と言った感じ、今見での暗い作風が嘘みたいに変わっていて驚きました。この作風の大幅な変化が、映画批評サイトでの評価の高さにもつながったのではないかと考えられます。

 

3.おすすめポイント

 明快なエンターテイメント映画へと路線を変更した今作。独自で発見したおすすめポイントも紹介しておきます。3つほど。

 ①新キャラ3人の加入

 今回の『ジャスティス・リーグ』ではDCコミックスの人気ヒーローである「フラッシュ、「アクアマン」、「サイボーグ」の3人が初参加。

f:id:hanakusonamuuun:20171130174645j:image

*フラッシュ

 初めての顔出しなので、変に紹介して映画をだらけさせる心配もありましたが、簡潔にわかりやすい紹介をしていたので、映画に支障がなかったのが良かったです。3人とも魅力的で、単独作品の公開も決定しているので今後要注目のヒーローたちなのは間違いないです。

  

 ②ゴリ押しのアクションシーン

  DC映画の最大の特徴は何と言ってもアクションシーン。映像ブッパのハイテンション映画なので、友達や彼女と観るにはぴったりな、特に何も考えないで観ることが作品だと思います。

 特に今回初登場の「フラッシュ」の能力である超速が映画映えするので要チェックです!

 f:id:hanakusonamuuun:20171130174739j:image

 

③エンドクレジットまで帰らないで

  マーベル同様、DC作品もエンドクレジットに次の作品へのヒントや繋がりが隠された映像が流されます。『ジャスティス・リーグ』でも映画の最後に見逃せない映像が残されていますので、皆さん最後まで帰らないでね(ペロリ)。

 

 

4.感想と終わりに

 心配で心配でたまらなかった今作品。ちゃんとしてたって言い方は失礼かもしれませんが、とても満足できる仕上がりになっていて安心しました。これで受けが悪かったらマーベルがなぜ受けたんだって話になっちゃいますよほんと。

 DC作品は今後も展開が拡大していきますまた悪役(ヴィラン)に焦点を当てた作品も製作しているらしく、これがDCの持ち味となり、マーベルとの差別化を図って欲しいですね。僕はマーベルもDCも好きです。ラブアメコミ。

 今後も目が離せない『ジャスティス・リーグ』。是非鑑賞することをお勧めします!

 

  それでは今日はここまで!さようなら( ^ω^ )

 にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村