えっぐおんらいす

映画ネタが中心のハッピーセット系ブログ

無くなった片方の靴下が教えてくれた自己管理能力の大切さ

 かみけんです。今日は天気が良かったということもあり、大量の洗濯物を干すことにしました。

 基本的に溜めてから一気に洗うタイプの人間ですので、2、3日ほどの洗濯物ものがそこにありました。

 クセェ!特にインナー。体臭とか食べ物の匂いとかあらゆるものが凝縮されている。耳鼻科行かなあかんかもしれん。

 

 でも、いざ洗濯してしまえば、匂いも消えた。フローラルな洗剤の香り。うん、これでよし。

 

 が、その時ショックな出来事が起きてしまいました。そう、靴下が片方ない。

 あれー、さっきまであったのにな。見たのになー。もしかして、初めから片方しかない靴下をみて両方あると思ってたんかなー。と、グダグダと頭の中で考えていたけれど、靴下は出てこず。結局片方だけは干すということにしました。

 

なぜ靴下は片方無くなるのか

 答えは簡単です。管理できてないからです別に靴下は旅行とかお泊まりのときに持っていくことがない限り、無くなったりはしません。

 その証拠に、先程無くなったと思っていた靴下は見つかりました。普通に落ちてました。洗濯機付近に。

 

 要するに、自分のものを把握する癖をつけておけと、片方の靴下は僕に教えてくれたのです。

 管理する能力は今後社会人になってから欠かせません。今までは大学生だったこともあり、最悪親の力を借りればなんとかなったこともこれからは自分でしなければなりません。

 特に税金や、そのほか生活に関する手続きは自分で全て行わなければならなくなります。

 その準備が自分には出来ているかと言われればもちろんノー。なんも知らん。税金なんて。笑

 

管理能力はこれから向上させられるか

 大切なのは生活習慣など、自分の今の習慣そのものを改善することで、管理能力は養うことができるのではないかと。

 最近、ブログを始めたこともあり、メモをする習慣がつきました。これにより、大事なことが近々あるとか、今日は〜の日とかをら前もって確認できるようになりました。

  大切なのは癖をつけることです。自分を管理する癖を。それで余裕や生まれます

 

片方の靴下、それを僕に教えてくれてありがとう。

なんかいい話で終わりそうですが、要するに自分が大雑把な人間でことを晒しているだけです。

 できている人は、見下すなり、鼻で笑うなりしたください。これから巻き返します。

 

 それでは今日はここまで!さようなら(^-^)