えっぐおんらいす

映画ネタが中心のハッピーセット系ブログ

大和の人的補償の尾仲投手を全然知らなかったので調べてみた

 かみけんです。昨日、阪神タイガースは横浜DeNAベイスターズに移籍した大和選手の人的補償として、尾仲裕哉選手を獲得したことを発表。

f:id:hanakusonamuuun:20171210215841j:image

 僕普段からプロ野球についての情報は調べていたつもりだったんですけど、お恥ずかしい話、この尾仲選手のことは全く知りませんでした。笑

 

 そのため、いったいどんな選手か気になってしまったので、今回調べたことを紹介していきたいと思います。

 →大和選手の記事はこちら

 http://kamikeninfo.hatenadiary.jp/entry/yamatoiseki

 

尾仲裕哉とは?

 福岡県北九州市に生まれた22歳の投手です。高校は同じ北九州市にある私立の高稜高校。

 高校時代は甲子園出場経験はなく、当時は外野手だったそうです。

 

 その後、広島経済大学に進学し投手として才能が開花。2016年のドラフトで、ベイスターズから6巡目で指名され、プロ野球の世界に足を運び入れました。

 

 

選手としての特徴

 大学入学当初は、球速も140キロ台に満たない軟投派投手でした。しかし、その後急成長を遂げ、150キロを超えるストレートを投げる本格派投手へ。173センチと小柄ではありますが、勢いのあるストレートで力強い投球ができる能力が持ち味とされています。

 

 また、年齢も22歳と若く、今後も成長の余地はあるとされ、阪神の新たな若手投手のホープとなることは期待できますね。

 

 

 

プロ3年目での移籍はどのような影響を与えるか

 先程も述べましたが、まだ22歳のプロ3年目の投手です。そのため、球団を移り変わる年齢としてはかなり早い傾向にあると思います。

 

 人的補償ということもあり、心の中では複雑な心境もあると思います。ただ、阪神というプロ野球の名門チームに入るということも、かなりメリットは多いことは予想されます。

 

 特に、ここ2年不調にさらされ復活の兆しが見えない藤浪投手を筆頭に若手の本格派右腕の不在で悩ましい状況にあるタイガース。尾仲選手の加入は、彼にとっても、また球団にとってもプラスになるのではないでしょうか。高校からの投手キャリアをスタートされたこともあり、まだまだ伸び盛りの選手。

 

 今後タイガースの大きな戦力になるのか、とても気になります。

 

 

 それでは今日はここまで!さようなら(^ ^)

 

にほんブログ村 野球ブログ 野球情報へ
にほんブログ村