えっぐおんらいす

映画ネタが中心のハッピーセット系ブログ

阪神が新助っ人ロザリオを獲得!ドミニカンパワーに期待

かみけんです。いやー、今日ついに。京都でも雪が降りましたよ。お昼過ぎくらいで、めちゃくちゃ一瞬だったけど。雪雲が関西にもやってきたみたいですね。地獄の始まりだ

 

雪ってみんな好きなんですかね。まぁ冬の醍醐味だし、冬が好きな人に欠かせない風情ポイントなことは間違いないでしょう。

 

でも、冬って色んなことが終わってしまう象徴でもあるので実はあまり好きではないです。特に僕がショックな終わるもの。

そう、野球です!試合観戦も放送もないので、寂しいです。

 

 ですが、本日は珍しく野球に関する情報でテンションが上がり、何となく体もあったまった気がしました。その情報はと言うと、阪神タイガースが新助っ人としてウィリン・ロザリオ選手を獲得したというもの。個人的に一番獲得に期待していた選手でもあり、ちょびっと興奮しちゃいました。

 

 

ロザリオってどんな選手?

 このロザリオ選手がどんなプレーヤーなのか。さらっと紹介していきますね!

 f:id:hanakusonamuuun:20171213204545j:image

 ロザリオ選手はドミニカ共和国出身の元メジャーリーガー。メジャーにデビューした時からパワフルな打撃力を武器にホームランを放ち、活躍した選手です。

 

 2年前から、韓国プロ野球リーグでプレー。ハンファというチームに所属して、2年連続30本100打点を記録するなど、海を渡ってからも自慢の打棒は衰えていないことがわかります。

 

 一発が期待できる外国人助っ人が近年獲得できなかった阪神にとって、今回のロザリオ選手の加入は嬉しい嬉しいニュースであることは間違いないです。

 

 

日本でも活躍できる?

 日本にやってきて、過去のように活躍できるかと言われれば、それはシーズンが始まらないとわかりません。ただ、私はこのロザリオ選手には、大変期待しています!

 

 理由としては、韓国で活躍した2シーズンの彼の成績を見たからです。今までメジャーという大舞台で戦ってきた選手というのもありますが、海を渡り違う国でプレーをして、しかも1年目からその国の野球にマッチさせられる対応力は素晴らしいです。

 f:id:hanakusonamuuun:20171213204600j:image

 韓国よりも精密な野球を行う日本にも、マッチできるだけの可能性はあると思います。また、打点を多く稼ぐことから、チャンスにも強いということが予想されます。間違いなく阪神でもクリーンナップを任されるでしょう!

 

 また阪神には、ロザリオと同じドミニカ出身の選手が3名います。そのうち2人、ドリス選手とマテオ選手は今や阪神の中継ぎ陣には欠かせない存在。高いレベルの選手から情報を得られるので、より早く日本のプロ野球にも対応できるのではないかと考えられます。

 やっぱり同じ国出身というだけでかなり心強いですね。中学に進学しても、小学校の同級生がいることで仲間づくりも安心みたいな感覚

 

 

若手はピンチ?

 ただ、ロザリオ選手の加入により阪神の野手陣、特に若手の競争はさらに激化することが予想されます。金本監督が就任して2年。今まで課題だった育成にも光が差し込むようになりました。特に、原口文仁選手や大山悠輔選手など主砲候補が台頭してきたことは阪神にとっては嬉しいことでしょう。

f:id:hanakusonamuuun:20171213204609j:image

*原口選手

 

 

 しかし、来年からはこの2人にとってロザリオ選手という大きな壁が立ちはだかります。実績のある新助っ人と競い合い、レギュラーの座をつかめるか。

 特に原口選手は今年、結果を残せず期待に応えられなかったこともあり、来年は是非とも奮起したいところです。ルーキーながら大活躍した大山選手とともに打倒ロザリオに向けて、日々精進していってほしいですね。

 

 

大和選手の流失により、人的補償ベイスターズから入団した尾仲祐哉選手も来年どのような結果を残してくれるか。

 来年もまた、新しいタイガースがみられるだけでも楽しみですね。早く冬終わってくれ。

 →尾仲選手についてはこちら

 http://kamikeninfo.hatenadiary.jp/entry/onakadonna

 

 それでは今日はここまで!さようなら(^ ^)

 

にほんブログ村 野球ブログ 野球情報へ
にほんブログ村