えっぐおんらいす

映画ネタが中心のハッピーセット系ブログ

結局シンプルであることが1番だと気づいた

かみけんです。最近改めて思うことがあるんですが、気をてらいすぎるのって結構良くないのかもしれません。

 

 僕は今京都に住んでいるのですが、京都はラーメン屋さんが美味しいところがたくさんあることで有名です。一乗寺というところはラーメン街として関西でも知られていますしね。

 

 なので、必然的に普段からよくラーメン屋さんに行く機会も多くて。

 その時、まずはラーメン屋さんがおすすめするメニューや一押し作品なんてのを必ず目にすると思います。「ラーメン 白」とか「濃厚つけ麺 並」とかこんな感じで、店の看板やポスターに書かれることが多いです。

f:id:hanakusonamuuun:20171211223834j:image

 

 

 普通なら、それらおすすめメニューを注文するのが普通ですが、僕は少し好奇心が強いというか、気をてらったものを食べたいという思いが強くて。そのため、ついつい定番じゃないメニューを注文することが今まで多かったのです。

 

 

 

未情報のメニューは食べるときのリスクが大きい

 それでおすすめとは違うものを食べたときって、大体後悔するケースが多いんですよね笑 。

f:id:hanakusonamuuun:20171211223921j:image

まぁ、別に美味しくないってわけでもないんですが。でも、これは違うかなぁって思うことがとても多いです。

 

 この前も、某中華料理チェーン店で晩飯を頂く機会があったのですが。その店は餃子が売りで。でもそのほかの中華メニューも豊富なことで知られていました。しかし、僕はこのときも「あえて変わり種を食ったるんや!」という無駄なプライドに負けて、おすすめでもなんでもないカレーラーメンを頼んでしまったわけです。

 

食べてみたら、まぁ案の定

「やっちまったな」と。麺は微妙に伸びているし、スープということもありカレーはジャバジャバで風味も弱い。大変失礼だとは思いますが、正直言って美味しくはありませんでした。ちなみに友達から頂いた餃子は、めちゃくちゃ美味しかったです。泣きました。

 

 

結論:シンプルイズベスト

 色々気をてらいすぎて失敗してきたからこそわかりますが、やはり世の中シンプルなものが1番いいのです。飲食に限らずな話だと思います。

 f:id:hanakusonamuuun:20171211224018j:image

 

先程も例にあげましたが、ラーメン店がおすすめするメニューは、推薦されるだけの価値があります。幅広い層の方々の需要とマッチしているから、看板メニューとして販売されているわけですなので、限りなく「1番美味しい」に近づいたものがおすすめされることは間違いないです。

 

変わり種の商品やサービスを求める人もいると思います。それは自由だから、別に否定されることもないです。だけど、事前にそれらについての情報を掴んでおくことを推奨します。

 もし行き当たりばったりでおすすめでもなんでもないものを食べても、美味しいとか使いやすいという保証はありませんからね。

 

 

備えあれば憂いなし。この言葉って大事ですよね。

 

 

 まぁ、偉そうに言ってはいますが、気をてらう癖は僕にもあるので。これは直していかなきゃいけないなとは思っています。まずは、予め情報をゲットして万全な状態にしておく。このことを忘れずに、これからは生活していきたいと思います。

 

そして、シンプルイズベストの大切さを常に忘れないようにしていきたいです。

 

 それでは今日はここまで!さようなら(^ ^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村